/ ★テクニカル応用解説★, スキャルピング, ボリンジャーバンド

シェアお願いいたしますm(_ _)m


|本編の前に

利率の高いスキャルピングのやり方『スキャルピングの極み』は、決済ポイントをOCO注文でも手動決済でも数pips先に置き、60分足や10分足で大きな流れを把握し、1分足で逆張りポイントを狙いエントリーし、ルール通りの決済をするだけなので、当サイト運営チームでは、基本的にスキャルピングの手法は無いと考えています。

ですが、それにはかなり高度テクニックとなりますので、そこに到達するまでの過程の参考にしていただきたく、スキャルピング手法として解説していることをご理解ください。

紹介しているスキャルピング手法でトレードをしていただくとしても、上記『スキャルピングの極み』を目指すことを忘れないでください。

※スキャルピングをするのであれば、専用口座をつくることをオススメします。当サイト運営チームが総合的に判断したスキャルピングに最適なFX会社です。

|スキャルピングの基本

超短期売買のスキャルピングは、数秒から数分で利確or損切をきめる取引スタイルのことを指します。

ポジションの保有時間が短い分、一回の利益は少ないですが損失も少なくすみます。さらに、時間帯に気をつければファンダメンタルズの影響を受けないため、自分で決めた売買手法などを試しやすいトレードスタイルです。

デメリットもあります。リアルタイムのスピードが大事なため、スマホではできないのはもちろん、パソコンでもある程度のスペックが要求されます。

私個人的には、はじめて1ヶ月程度の初心者でも一番勝ちやすいスタイルだと思います。
※下記の基本ルールをしっかり守った場合に限ります。

スキャルピングで勝つには、FX会社も選ぶ必要があります。中にはスキャルピングNGを主張している会社もありますし、約定スピードスプレッドはかなりの差が出ます。


|勝つためのルール決め

基本ルール
損益問わず、決めた±pips以上での決済待ちはしてはいけません。ポジションがマイナスpipsのときに戻るかもしれないと待ったり、さらなるプラスpipsを求めて待ったりなどはしないべきです。

ルール決め
ネットで検索をするとスキャルピングの手法はかなり出てくるかと思います。それらを参考にし、自分の手法を確立させてください。

自分で決めるべきルールは、エントリーするタイミングの条件決済するタイミングの条件を決めるだけです。

決めたルールは最低100回は検証してください。最初の10回で負け統計だからとルールを変えずに、最低100回の統計結果で判断してください。

これらのルールを守らなければ勝つことは難しいでしょう。



|スキャルピング手法

初心者におすすめ

ボリンジャーバンドを使用した手法です。アレンジもしやすいので初心者のかたは一度ためしてみてください。

詳しくは過去記事★ボリンジャーを使うスキャルピングの基本テクニックをご覧ください。

少し慣れてる方は

MACDのエントリーを気長に待ちながら、RSIスキャを補助役とし、レンジ相場ではボリンスキャでトレードし、トレンド相場ではローソクスキャでトレードというスタイルです。

3つの手法を同時に扱うためルールの混同に気を付けなければなりません。

詳しくは過去記事★スキャルピングで勝つためのスリーエントリーポイント★ご覧ください。


為替レートは


|気にしておいたほうがいいこと

・主要なラインは把握しておくこと
・経済指標や要人発言の時間を把握しておくこと

スキャルピングなので損切りさえ守れば、大きくうごいても問題はないと思いますが、
手動決済の場合には遅れないようにしてください。

躊躇したり、戻るだろうなどの考え方は厳禁です。

ルールを100%守れば勝てます!

あわせて読みたい記事

 FXで勝つために頭に入れておくべきこと
だれしもがFXで稼ぎたいと思っていることでしょう。しかしFXを競馬やパチンコのようなギャンブルと同じように



当ブログ記載の内容・情報は個人的見解を含みます。

情報の誤り等もある場合がございますのでご理解ください。

みなさまの参考になれたら幸いです。


シェアお願いいたしますm(_ _)m
Share this Post