/ ●FX関連の余談●

シェアお願いいたしますm(_ _)m


確定申告は、該当年の1月1日から12月31日までに得た全ての所得を計算し、翌年の3月16日までに専用用紙に記入のうえ税務署に提出します。

確定申告は税理士事務所に依頼するほうが確実で簡単ですが、当然報酬が発生しますので、大半のトレーダーは自分で書類を作成し提出します。

ソフトを使えば簡単にできます。






少しでも不安な方は、プロに任せることをおすすめします。

まずは、確定申告が必要かどうかを下図にて判断してみてください。



FXにおいての課税対象額

【決済済みの損益額】+【スワップポイント】-【必要経費】=【課税対象額】
※複数のFX会社を利用の場合は合算します。

FXで必要経費と認められた例として、

・FX口座に関わること(開設にかかった費用、振込み手数料等)
・FXに関する講習会などの費用
・FXに関する書籍や教材の費用
・FXのためのモニター増設にかかった費用

パソコン本体、ネット通信費用などのFX以外にも使うと判断されたものに関しては、認められないと思っていたほうがいいでしょう。(数%は認められる可能性あり)

この課税対象額にたいして2013年以降より、

20.315%が支払う税金額になります。

ちなみに2011年までは、
195万円以下・・・・・・・・・・・15%
195万円~330万円以下 ・・・・・・20%
330万円~695万円以下・・・・・・30%
695万円~900万円以下・・・・・・33%
900万円~1,800万円以下・・・・・43%
1,800万円~・・・・・・・・・・・50%
このような給与所得等と合算した総合課税でした。

利益が出た場合だけでなく、損失の場合にも確定申告することをおすすめします。
※強制申告ではありません。

というのは、損失額は3年間繰り越して控除できるためです。


確定申告の提出書類

作成すべき書類
・確定申告書B(第一表、第二表)
・申告書第三表(分離課税用)
・先物取引に係る雑所得などの金額の計算明細書

添付すべき書類
・年間取引報告書

給与所得のある方
・原泉徴収票

損失の繰越を申請される方は、上記書類に加え
・所得税の確定申告書付表(先物取引に係る繰越損失用)

源泉徴収票はお勤めの会社にもらいます。

年間取引報告書は各FX会社にて発行しているので、わからない方は、FX会社に問い合わせしてみてください。

よく読まれている人気記事

 ハーモニックパターンで勝てるのか?
最近、解説されているのをよく見かけるハーモニックパターンについて、書いてほしいとの要望があったこともあり、記載し…

 スキャルピングで勝つためのスリーエントリーポイント
スキャルピングでの手法を検索するとかなり多くの手法が見つかり迷うと思います。巷にあふれる手法の中から20種を選…

 トレンドラインでチャートパターンを見極める★No.2
チャートの動きはある法則に基づき決まった形のパターンが形成されることがよくあります。それを見極めれば自然とエント…

 オシレーターのダイコン合図を見逃すな!
普段はローソク足チャートに比例して動くMACDやストキャスティクス、RSIなどのオシレーターによるダイコン合図を…


当ブログ記載の内容・情報は個人的見解を含みます。

情報の誤り等もある場合がございますのでご理解ください。

みなさまの参考になれたら幸いです。


シェアお願いいたしますm(_ _)m
Share this Post