/ ●FX関連の余談●, トレンドライン(サポ・レジ), 質問への返答解説

シェアお願いいたしますm(_ _)m


記事を読んでいただいていてる方から質問をいただきました。

それは、チャートにラインを引くときに”点”とする部分は、ローソク足の終値なのか最先端のヒゲなのかということです

重要な考え方も含め、お話していこうと思います。

結論から言いますと、引く”点”がローソクの終値なのか最先端のヒゲなのかが問題なのではなく、引こうとしている点を他のトレーダーが意識しているのかが問題になってきます。

2点を結んだラインよりもそれ以上を結んだラインのほうが信頼できるのもその理由です。

多くのトレーダーが意識しているからこそ相場が動きます。

トレンドラインは引く場所とともに使い方も間違ってはいけません。

やりがちなのは、トレンドラインを価格が超えた瞬間のエントリーです。
結果的に利益になったのならばいいとおもいますが、トレンドラインにヒゲを残すローソク足になっていた可能性もあります。

せめて確実なブレークアウトでのエントリーを心がけましょう。
もっというのならば、ブレークアウトともうひとつくらいのテクニカル分析をかけあわせたいところですね。

トレンドライン

お決まりのチャートパターンがからむのであるならばまだしも、他のトレーダーが見ているかもわからないラインをブレークアウトしただけで、エントリーするのはリスクが高いと思いませんか?



トレンドライン

もうひとつ、トレンドラインでの反発を狙うエントリーにおいて、反発を確認する前にエントリーしてしまうこともあるのではないでしょうか。

確かに、トレンドラインに触れることなく反発する場面も多くありますが、早まったエントリーは損失の可能性を高めてしまいます。

トレンドラインを引くのは必須になってきますが、そればかりを意識せず、

<チャートパターン>

<ローソク足のパターン>

<移動平均線とローソク足の位置>

のようにいろいろな情報をチャートから読み取り分析し、先の相場を数通り予測しておくことが大事です。

そしてロスカット注文は確実にすることが収益につながります。

あわせて読みたい記事

 FXで勝つために頭に入れておくべきこと
だれしもがFXで稼ぎたいと思っていることでしょう。しかしFXを競馬やパチンコのようなギャンブルと同じように



当ブログ記載の内容・情報は個人的見解を含みます。

情報の誤り等もある場合がございますのでご理解ください。

みなさまの参考になれたら幸いです。


シェアお願いいたしますm(_ _)m
Share this Post