/ ☆テクニカル基礎解説☆, 移動平均乖離率

シェアお願いいたしますm(_ _)m


|移動平均乖離率とは

価格が移動平均からどれだけ離れているかを数値化した指標です。

乖離率の水準をもとにした相場観測では、大幅な乖離による行き過ぎは修正されるというアノマリーが根底にあり、移動平均からの離れ具合で「買われすぎ」や「売られすぎ」を判断します。

価格が移動平均線と同じなら乖離率は0%を示し、価格が移動平均線よりも上にある場合を「上方乖離」といい、乖離率はプラスの値を示し、価格が移動平均線よりも下にある場合を「下方乖離」といい、乖離率はマイナスの値を示します。

乖離率=((当日の終値-移動平均値)÷移動平均値)×100



|移動平均乖離率の活用

まず、乖離率での判断は、移動平均から離れすぎた価格は、移動平均に近づくということを前提にしていますので、各通貨ペアに則した移動平均線と乖離率を見極めることが重要になってきます。

右上がりなら上昇トレンドを示し、右下がりなら下降トレンドを示します。
・乖離率がプラス圏内で下降するような姿勢になった場合「売りエントリー」
・乖離率がマイナス圏内で上昇するような姿勢になった場合「買いエントリー」

移動平均線のゴールデンクロス・デッドクロスの確認で、ポジションを保持継続するか決済すかを判断してもいいとおもいます。

|その他

RSIやストキャスティクスは強いトレンド時には使えませんが、移動平均乖離率は強いトレンド時でも使うことができます。

しかし、トレンドが出ていない相場では、移動平均からの乖離が広がらないため有効に利用できない場合が多いです。

あわせて読みたい記事

 FXで勝つために頭に入れておくべきこと
だれしもがFXで稼ぎたいと思っていることでしょう。しかしFXを競馬やパチンコのようなギャンブルと同じように



    当ブログ記載の内容・情報は個人的見解を含みます。

    情報の誤り等もある場合がございますのでご理解ください。

    みなさまの参考になれたら幸いです。


    シェアお願いいたしますm(_ _)m
    Share this Post