/ ●FX関連の余談●

シェアお願いいたしますm(_ _)m


だれもが、FXで稼ぎたいと思っていることでしょう。

しかしFXを競馬やパチンコのようなギャンブルと同じようにとらえ、ハイリターンのリターン部分しか見ず、プラスにすることしか考えてはいませんか?

FXの広告文句では、そういう方向性がつよいので無理もありません。

そういった広告により軽い感じでやっているトレーダーや、始めたばかりの初心者トレーダーの考えることはひとつです。

『投資した金を増やす!』

マイナスになったらプラスにしようと焦り、プラスになったらさらにプラスにしようと欲がでます。

たとえうまくいったとしても、それは運によるものでしょう。

これでは、ギャンブルになってしまいます。はなからギャンブルとして考えるのであればそれでもいいと思います。

しかしビジネスとするのであればそれではいけません。

たしかに、利益をまったく考えないわけではありませんが、儲けに執着することはしません。

FXでは現時点からレートがどう動くのかを予測しエントリーしますが、そのエントリーで考えるべきことは、どこまでプラスになるのかということよりも、どこまでマイナスになる可能性があるかを考えます。

そして確実に損切り注文をいれておきます。

失敗している多くの一般トレーダーはこの部分がかけています。

マイナス方向に進んだポジションに対し、根拠無く「いつかプラスになるだろう」。
プラス方向に進んだポジションに対し、根拠無く「もっとプラスになるだろう」。

どうしてもギャンブル的に考えてしまいがちなのです

上にどこまで動くのか、下にどこまで動くのか、両者をセットで見極めなければなりません。

将来の相場を100%わかるトレーダーはいません。
しかし、テクニカル分析等の知識をつけることでそれに近づけることは可能です。

FXでは、まず損失を最小限に抑えることをあたまにいれ、その後に、最大限の利益を確保することをかんがえましょう。



よく『勝つには利大損小』という言葉を耳にしますが、特に初心者からしてみれば、できそうもない難しいことと思うでしょう。

それを実現させるにはどうすればいいのでしょうか。

実際、兼業トレーダーなどの一般トレーダーの方たちの中で、利大損小ができている人はどのくらいいるのでしょう。

日本人の傾向として、注文時より損失方向にたいしては戻ると期待し利益方向に対しては上がると期待してしまう気持ちが邪魔をするらしく、取引において判断を鈍らせてしまいます。

さらに、OCO決済等の注文を入れるときは、戻る可能性があるからストップ注文は大きく設定し、利確にたいしてはある程度的な根拠のないさじ加減で設定してしまいがちです。

トレーダーは経験を積めば積むほどテクニカル分析などを元に利確ライン損切りラインを決めていきますが、初心者のかたはそうもいかないと思うので、まずは決済ルールを確定させましょう。

『利確20pips』『損切り10pips』などと、利確よりも損切りを小さく決めましょう。

極端な話、1回の取引では上か下かの勝率50%なのですから、

確立の収束において、勝率50%の取引で上記ルールなら最終的には利益になります。

『利大損小』を考えるうえで大事なことは、

結果的に得る「利益を大きく」「損失を小さく」の両者を相互的に意識するのではなく、「損失を小さく」を意識した過程により「利益が大きい」という結果がついてくるということです。

よく読まれている人気記事

 ハーモニックパターンで勝てるのか?
最近、解説されているのをよく見かけるハーモニックパターンについて、書いてほしいとの要望があったこともあり、記載し…

 スキャルピングで勝つためのスリーエントリーポイント
スキャルピングでの手法を検索するとかなり多くの手法が見つかり迷うと思います。巷にあふれる手法の中から20種を選…

 トレンドラインでチャートパターンを見極める★No.2
チャートの動きはある法則に基づき決まった形のパターンが形成されることがよくあります。それを見極めれば自然とエント…

 オシレーターのダイコン合図を見逃すな!
普段はローソク足チャートに比例して動くMACDやストキャスティクス、RSIなどのオシレーターによるダイコン合図を…

 実践検証勝率86.5%、EMAとRVIでデイトレード
3ヶ月間の実践検証の勝率は86.5%なので、シグナル発生時とトレード可能時間が合えば、利益は伸ばせる手法だと…


当ブログ記載の内容・情報は個人的見解を含みます。

情報の誤り等もある場合がございますのでご理解ください。

みなさまの参考になれたら幸いです。


シェアお願いいたしますm(_ _)m
Share this Post