/ ☆テクニカル基礎解説☆, パラボリック

シェアお願いいたしますm(_ _)m


|パラボリックとは

J.W.ワイルダー氏が考案したSAR(ストップ&リバースポイント)と呼ばれるラインを用いたトレンドフォロー型の指標です。

パラボリックはトレンドの転換点を探るのには有効ですが、レンジ相場でトレンドが弱い相場ではうまく機能しないことを頭に入れておきましょう。

計算式

SAR=(EP-前日のSAR)×AF+前日のSAR

EP(エクストリーム・プライス)とは、SARが買いシグナルのときはその期間の最高値、売りシグナルのときはその期間の最安値。

AF(アクセラレーション・ファクター)とは、通常(0.02≦AF≦0.20)



|パラボリックの活用

上昇しているSARが下降している日足と交差した点が売りサイン

下降しているSARに上昇している日足と交差した点が買いサイン

というのが一般的なものですが、新規エントリーではなく決済の判断に使うべきものと考えた方がいいでしょう。

パラボリックSARは、弱いトレンド時にはダマしが多く機能しません。

考案者のJ.W.ワイルダー氏は、DMIのADXを併用しトレンドが確認出来る局面でパラボリックを利用するのがより有効であると述べています。

※ DMIのADXは、トレンドの強さのみを表すもので、ADXが上昇している時はトレンド進行中、下降している時はトレンド停滞中と判断します。

DMIの基礎解説の記事

 

あわせて読みたい記事

 FXで勝つために頭に入れておくべきこと
だれしもがFXで稼ぎたいと思っていることでしょう。しかしFXを競馬やパチンコのようなギャンブルと同じように



    当ブログ記載の内容・情報は個人的見解を含みます。

    情報の誤り等もある場合がございますのでご理解ください。

    みなさまの参考になれたら幸いです。


    シェアお願いいたしますm(_ _)m
    Share this Post