/ DMI, ☆テクニカル基礎解説☆

シェアお願いいたしますm(_ _)m


|DMI(Directional Movement Index)とは

DMI(方向性指標)はJ.Wワイルダー氏が考案したテクニカル指標で、「順張り指標」として考案されたもので、トレンドの有無と強弱を探ろうとするものです。

当日の振れ幅と前日の振れ幅を比べ、どちらが大きいかを判断し相場の強弱を表しているため、「ボラティリティ(価格の変動幅)」からトレンドを分析しているといえます。

一般的に使用する期間は14日多いとされています。

 icon-check ポイント

・ADXが上昇している時トレンドが進行中
・ADXが下降している時はトレンドが停滞中

・+DIが-DIより上にあれば上昇トレンド
・+DIが-DIより下にあれば下降トレンド

・+DIと-DIのクロスは相場の転換点(レンジ相場では機能しないと考えるべき)



|DMIの活用

基本的な使用方法

+DIが-DIを下から上に抜いたときは、買いタイミング
+DIが-DIを上から下に抜いたときは、売りタイミング

レンジ相場に弱いうえに、ダマしが多いた信頼性に欠けます。そこで、ADXでそれを補い使用します。上記の各タイミング発生後、ADXが上昇していればトレンド発生合図ということで、エントリータイミングの材料になります。

+DIが-DIを下から上に抜いたのちADXが上昇傾向、買いタイミング
+DIが-DIを上から下に抜いたのちADXが上昇傾向、売りタイミング

|その他

DMIは、平均足やパラボリックなどの補助にむいています。平均足はレンジ相場では使えないうえに、レンジ相場を見抜けないという欠点があります。

そこでDMIを使いトレンドを判断し、平均足でのエントリーをするという方法をおすすめします。

平均足の基礎解説の記事

パラボリックの基礎解説の記事

あわせて読みたい記事

 FXで勝つために頭に入れておくべきこと
だれしもがFXで稼ぎたいと思っていることでしょう。しかしFXを競馬やパチンコのようなギャンブルと同じように



    当ブログ記載の内容・情報は個人的見解を含みます。

    情報の誤り等もある場合がございますのでご理解ください。

    みなさまの参考になれたら幸いです。


    シェアお願いいたしますm(_ _)m
    Share this Post